神戸情報大学院大学

基本情報

所在地
〒650-0001  兵庫県神戸市中央区加納町2-2-7
電話番号
メール
URL
EJU
JLPT
英語
入試
独自
奨学金
学費
減免
秋入学
渡日前
入試

紹介動画

Social innovation by ICT and Yourself! ~課題解決力×ICTスキル~

KIC(神戸情報大学院大学)の教育では、独自の「探究実践プログラム」により、あらゆる産業領域での課題解決と価値創造に必要な眼差し、思考力、行動する力を養い、高度ICT人材としての土台を築きます。技術だけを追い求めるのではなく、課題にしっかりフォーカスすることで、ICTの必要性を強く認識し、学びの密度とスピードが格段に高まります。KICでは様々な国籍、年齢、キャリアの学生が集い、文系・理系の出身学部、ICTに関わる経験の有無に関わらず、実務家教員の手厚いサポートのもと、AIやIoTあるいは最先端のドローンを活用したシステム開発やビジネス創成に取り組んでいます。                       また、2020年度から2年連続で、世界のトップ大学と並んでICTイノベータコース(=10月入学:使用言語【英語】)が対象プログラムとして採択されました。

研究科・専攻・コース

専攻・コース名
情報システム専攻(ICTプロフェッショナルコース/ICTイノベータコース)
研究科名 専攻・コース名
情報技術研究科 情報システム専攻(ICTプロフェッショナルコース/ICTイノベータコース)

学費(初年度納入金)(円)

ICTプロフェッショナルコース

修業年限:2年

入学金:200,000

授業料:1,400,000

その他の費用:200,000

合計:1,800,000

ICTイノベータコース

修業年限:2年

入学金:200,000

授業料:1,400,000

その他の費用:200,000

合計:1,800,000

研究科名・専攻・コース名 修業年限 入学金 授業料 その他の費用 合計
ICTプロフェッショナルコース 2年 200,000 1,400,000 200,000 1,800,000
ICTイノベータコース 2年 200,000 1,400,000 200,000 1,800,000

減免・奨学金制度

私費留学生のうち、経済的理由など所定の条件に適応する学生に対し、学費援助金として所定の奨学金を入学時に支払う1年次の学費から減免します。(20万円~60万円) この奨学金は、1年次の学業成績、学生生活態度及び経済状況を総合的に判断し、認められた場合は2年次も継続されます。

在学私費留学生の国籍内訳

非公表

留学生の卒業後の進路

日本国内の企業を中心に、学生の希望に沿う形で就職活動を支援します。企業説明会・インターンシップの紹介、面接指導、キャリアガイダンス等徹底して学生をサポートします。

留学生サポート情報

授業は学生の希望に応じてオンライン/対面型のどちらかを選択できます。(感染状況によってはオンラインに限定する可能性もあります) 殆どの講義は録画しており、学生は自由に閲覧できるので、復習の際に大変役立ちます。学内だけでなく、グループ校である神戸電子専門学校の学生(日本人・留学生とも)との交流もあり、日本の文化を学ぶ機会も多くあります。

外国人留学生入試情報

ICTイノベータコース

出願期間
5/1~8/20

試験日
8/28

合格発表日
9/1

入学手続き締切日
9/16

選考方法
書類審査・面接

学科名 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続き締切日 選考方法
ICTイノベータコース 5/1~8/20 8/28 9/1 9/16 書類審査・面接
ICTプロフェッショナルコース 2月中旬迄を予定 2月下旬を予定 2月末頃を予定 3月中旬を予定 書類審査・面接

希望指導教員への連絡

不要

研究室訪問

不要

出願時の注意事項や必要な条件

ICTプロフェッショナルコースについては、日本語能力試験N1レベルの能力を基準とします。(募集要項に添付される「日本語学習証明書」の提出が必要です)

願書・要項完成時期

ICTプロフェッショナルコースの要項・願書は6月頃に完成する予定です。

願書・要項入手方法

ICTイノベータコースの要項は本学Webサイトよりダウンロードしてください。(https://www.kic.ac.jp/eng/admissions-guidelines.html

オープンキャンパス日程

日程は本学Webサイトにてご確認ください。(https://www.kic.ac.jp

指導している日本語教育機関
教員向けのアドバイス

ICTの経験・知識を既に持つ人はもちろん、それに限らず「ICTを活用して社会課題を解決する」目的意識を有し、学習意欲の高い方を広く受け入れる方針です。

渡日前入試情報

受験生個人の事情に応じて、オンラインでの対応も相談に応じます。